トップ

賃貸の住民票に関する情報

新着情報

賃貸契約と住民票の移動

賃貸契約をすると住民票の移動が必ずしも必要というわけではありません。実家に住民票を残したまま転居を繰り返す人もいるからです。むしろ郵便物や宅急便などの管理に気を配る必要があります。貸家だと、自分が引き払った後にすぐに賃借人が住み始めることがあります。自分の後の賃借人に迷惑をかけるのは実際に郵便物なのが届いた場合であり、役所への届出が関連するものではないからです。注意点としては、国政選挙など全国一斉に選挙があるときです。役所への届出のタイミングによっては選挙権を失い、前の居住地でも新しい居住地でも選挙が一時的とはいえ出来なくなってしまうことがあります。賃貸に移動する時は注意しましょう。

勝どき 賃貸ならこちら
賃貸なのに高級なマンションなら、子育て中でも、転勤の可能性ありでも、安心して贅沢な暮らしを始めることが出来ますよ。素敵なマンションです。

家の周りも重要

不動産賃貸契約時の本人確認書類

アパート、マンションなどの不動産の賃貸借契約にあたっては、貸主から住民票や、場合によっては印鑑証明などの必要書類の提出を求められることがほとんどです。こうした書類は、契約を交わした人物が本人であることを確認するための公的書類であり、近年では警察からも反社会的勢力の排除が要請されているため、本人確認が以前よりも厳格になってきています。現在は住基ネットの稼働により、一部の例外を除いて全国どこの市区町村でも住民票を取得できる広域交付という制度が設けられており、身近な場所で必要書類がそろうようになりました。役所に交付申請するにあたっては、本人のみの記載でよいか、世帯全員の記載が必要かを聞かれますので、賃貸会社にあらかじめ確認しておきましょう。

© 賃貸契約時の住民票とは. All rights reserved.